file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト

出陣の歌(関西学院大学 体育会ラグビー部 部歌)

出陣の歌(関西学院大学 体育会 ラグビー部 部歌) 

【部歌解説】

日本学生ラグビー界は 関西の京大、同大、関東の早大、慶大、明大、東大等が明治時代末期から大正時代に設立され、昭和初期には各々定期戦、交流試合等が行われ確固たる地位を築いていた。関学ラグビーは 大正時代は色々な運動部員の混合にて、試合を行っていたが、学院に正式に運動部として許可されたのは、上記の大学に遅れる事十数年の昭和3年4月、故天野亮氏の創部による。
関学ラグビー部の創世記時代、創部から昭和10年頃迄の事を背景にして、当時の関学ラグビー部の精神を歌い、部員を鼓舞すべく“出陣の歌”は当時学生が一番憧れた中国の英雄史、三国志時代(後漢―戦国時代)を念頭に置き当時の故事に重ねて、昭和7年卒の関学ラグビー部主務をやっておられた故山田一郎氏が卒業後に関学ラグビー部を愛する余り作詞されたものである。

1. 甲の山下 上ヶ原台 秘策を胸に南を図る

昭和4年 関学は神戸(原田の森)から 西宮の甲山のふもと上ヶ原にそのキャンパスを移し、広大な敷地を得て意気高き時であり、関学ラグビー部もラグビー競技の先駆者であった京大、早大OBに教えを請ながら、然しその教えられたラグビーから脱し関学ラグビー独自で編み出した秘策、戦法、サインプレーを胸に抱き天下覇権を狙い外に戦いを求めた。

注:当時のラグビーはおおむねオーソドックスなプレーが主流であり、サインプレー等はあまり行われなかった。
その中で関学ラグビーは近代ラグビーの走りとも云える新しいサインプレーを生み出し、積極的に試合でも採用して行った。

注: “南を図る”とは中国故事で天下を狙う、との意味。

脾肉を嘆きし 蒼鷲十五 今こそ 戦を求めて立ちぬ

然しグラウンドは他の運動部と共有で、十分な道具、設備、練習場もなく、充分な組織だった練習もままにならない中で、若い選手15名は外に戦いを求めて立ち上がった。

注: 脾肉を嘆-> 三国志初期に (後の蜀の皇帝) 劉備玄徳が 荊州にて食客となっている時に平和に慣れ贅肉がついてしまった事を嘆いてた故事、より来ている、 ここに於いては共有グラウンドの関係で充分な組織練習、試合が出来てない事を 嘆く、の意味であろう。

脾肉とは太ももの事、太ももに贅肉がついた事を嘆いているという有名な故事。
蒼鷲十五 -> 若き鷲の様な選手15名の意味

2. いざ友仇し名平和を捨てよ 楡安しばしば痴人の夢

いざ友よ、偽りの平和をすてよ。安易な練習、訓練で安閑として楽をする事は馬鹿者の夢でしかないではないか。

注: 創部当時から関学ラグビーはその練習量、走る量の多い事で有名であった。関学ラグビーの練習量と比較されるのは唯一関東の早大位なものでした。

注:楡安(とうあん)しばしば 痴人の夢 -> 偽りの、安易な、馬鹿者の夢
三国志に於いて、劉備が荊州にて安閑としている時、宿敵 魏の曹操は北の同盟者袁紹を倒し、着々と地盤を築き、南下の時を伺っていた事の由来。しかし劉備はそれを嘆き、自覚し、対抗すべく、天下の名参謀 諸葛孔明を三顧の礼にて得て、“天下三分の計”へと進む。

絶えざる戦は不滅の真理 聞かずや高鳴る陣鼓の響

常に厳しい練習に励み、訓練する事のみが試合(戦い)に勝つ真理である、聞いてくれ、この激しい練習に裏づけされた我が軍の陣太鼓をの響きを。

3.時こそ来たれりいざ戦わん 我等は涙の誓を憶ふ

我が関学ラグビー部も創部後数年、結束も固まり戦いの準備が出来た、部員一同結束の誓い忘れる事なく戦おうではないか。

注: 時こそ来たけりいざ戦わん-> 三国志初期 後漢の末期 黄巾の乱で天下が乱れた為、治安を快復し 良民を守るためにいざ戦おうではないか。

注: 誓いを憶ふ->三国志初期の 桃園の誓い、(義兄弟の誓い)、英雄 劉備、関羽、張飛が桃園で交わした誓い。即ち “我ら 同年同月同日に生まれざるも、願わくば同年同月同日に死のう“の誓いを結ぶ。さあその結束、決意の誓いを忘れるな、の意味。

若きは生命を真理に捧げ 我等努めて勝利を追わん

いざ若い命を、情熱を真理(ラグビー)に捧げて勝利を掴もうではないか。

4.時こそ来たれりいざ戦わん 我等は去にける人をし偲ぶ

いざ戦いの時が来た、さあ戦おう、わが関学ラグビー部を創り、育ててくれた先輩諸氏の天下
覇権の夢を実現すべく。

注: ここで2度目の‘時こそ来たれリいざ戦わん’とあるのは、三国志において歌詞第三節の時は 桃園の誓いの後の当初の旗揚げを指し、ここ第四節の歌詞は 劉備玄徳が天下の名参謀 諸葛孔明を得て、いよいよ天下三分の計を推進し天下覇権を目指し、大きく羽ばたこうとしている時を指し、天下覇権を夢みて去って行った先輩諸氏を偲びながら、の意味と思われる。

勝利は若き男の子の希望 勝たねば再びこの丘を見じ

勝利は若い我等のねがい。勝たなければ再び上ヶ原には帰らない、の強い意気込みで望もう、ではないか。

5.嗚呼晴れ戦中原の野に 堂々駒を進めて行かん

さあ、晴れて 天下覇権に向かって堂々戦を(試合を)挑もう。

注:中原の野とは-> 天下、国の中央部、一番重要な場所で三国志の場合は洛陽を中心としての黄河の中、下流の肥沃な広大な地域を指し。当時 ここを制した者は天下を制した意味を持った。

栄誉ある部史は我等を守る 我等が行く手に輝きてあり

栄誉あるわが関学ラグビー部の伝統が我々を守り、我々の輝かしい前途を照らしているではないか。


注: 第一節 “南を図る” とは 上記にあるように天下覇権を狙う、の意味が順当であろうが、後日故湯川健吾監督は “南”とはニュージランドに通じ、すなわち世界最強ラグビーチームのオール・ブラックスをも狙え、少なくても、その気概を持てと説かれたとの逸話もある。

 

 
2006.02.20 編纂:伊藤隆二氏(S37)