file_key_w.gifログイン tmp_icon_i_12.gifマイページ tmp_img259.gifレイアウト
ブログ

Spotlight

<<前へ

「Unity」-副将香川の想いー

 written by 関学 管理者 投稿日時:2018/10/04(木) 20:17

    
 
ー昨シーズンと副将として挑む今シーズンでは意識的に違う部分はありますか。
 
昨シーズンは、先輩方に引っ張ってもらったり、
自分がどのようにしたら上手くなっていくのかという部分に注力していましたが、今年副将になってチームを引っ張る立場になってからは「どうやったらチームに誇りを持つことができるのか」「どうやったらみんながいい環境でできるのか」を考えるようになりました。


ー副将として大切にしていることはありますか。

 一番大切にしていることは、チームの意見を大事にすることです。
1つ1つの意見を尊重して切り捨てるのではなく大事な意見として取り入れて、それを1つの意見で終わらせるのではなく、次に活かしていけるようにすることを大切にしています。


ー実際に副将になってみてチームに対する見方が変わったなと思うことはありましたか。
 今までなら自分のことに精一杯で周りのことを考えようと思ってはいましたが、考えている風でうわべだけになっている自分がいました。
実際に副将になって、それでは自分達が大事にしたいと考えている「Unity」とはかけ離れていると感じ、積極的に話す機会が少なかった後輩と意見を交換したりしました。
また、後輩が悩んでいたりチームに対してもっと思っていることがあるなと感じたら、その意見や改善策を聞きに行っていました。
まだまだ完璧に出来ているとは言い切れませんが、自分自身の1つの変化だと思います。

ーチームが変化していく中、印象に残っている選手はいますか。
 特に印象に残っている選手は3回生の房本泰治(SO)です。
春の段階では先輩に頼る面も多くありましたが、
今では自分でどうやったらチームが上手くいくのか必死に考えられるようになりました。
本人にもまだまだ課題はあると思いますが、そこの部分を3回生の時点で考えられているのはすごいと感じました。

—チームに貢献するための自分のプレーの強みとは何ですか? 
 自分以外のところにスペースを作り、そこにしっかりとパスであったりキックであったりをすることです。
また、相手のディフェンスを確実にずらすところが自分のプレーの強みです。


ーラグビー部を成長の場とするならば、後輩にはどのような姿になってほしいですか。
 かつての自分もそうであったように、先輩がいたら助けてもらえるという環境があり
それに甘えてしまい引っ張ってもらう立場になることが多くなりがちです。
ですが、その分いざ先輩になった時に、どのようにして後輩を引っ張っていくのか分からずすごく苦しかったという経験があります。
先輩後輩とか自分の立場に関係なく、自分が今何をすべきなのかその時々で考えていけるような人間になって欲しいです。


ーラストシーズンへの思いを教えてください。
 4年間、色んな先輩後輩と出会ってラグビーをしてきましたが、やはり一番関係の濃い同期の存在はとても大きかったです。
自分の同期は、ラグビーに対してもまじめでチームのことに関しても積極的に助けてくれることが多く、自分自身何度も救われました。だからこそ、同期には恩返ししたいです。
また、今まで支えてくれたり、自分に関わってくれたすべての人に、自分たちのプレーで感動を共有してもらえればと思います。


ー近畿大学戦に向けての意気込みをお願いします。
 自分が入部してからの3年間、Aリーグでは一度も近畿大学には勝ったことがありません。
だからとは言い切れませんが勝手に苦手意識を持っているように感じています。
近畿大学戦に向けて苦手意識を持つのではなく、残された時間で入念な準備をするとともに、
しっかりとマインドセットをして臨みたいと思います。


ー応援してくださる人にメッセージをお願いします。
 プレーや試合とかで感動をして、楽しんでもらえることはもちろんですがそれ以外の立ち振る舞いであったり、
観客席でのラグビー部の応援する姿だったりを楽しみにしてもらえればと思います。

 

「Unity」-主将勝川の想いー

 written by 関学 管理者 投稿日時:2018/09/23(日) 14:23


 


ー昨シーズンと主将として挑む今シーズンでは意識的に違う部分はありますか。

 今シーズン自分が練習や取り組みとしてやりたいことを行ってきて、
勝った時の喜びは大きい一方で、負けた時の責任感も大きいです。
去年は、目の前の試合に対してのミスで反省する点が多くありましたが、
今年はチームとして上手いことが出来ていないとなったら、その部分を反省しなければなりません。
1年間を通して取り組んできたことが出される場が試合だと考えているので、そのような捉え方に変化があります。

ーチームを作っていくうえで大切にしていることはありますか。

 関学ラグビー部を「成長の場」と考えていています。
例えば遅刻したこと1つにしても頭ごなしに怒るのは簡単ですが、
「なぜ遅刻してはいけないのか」を言われた相手が納得できるようにしなければならないし、
なぜ怒られているのか考えてもらうきっかけを与えなければならないと思います。
考え続けることでミーティングの場面や、学生主体で取り組んでいる場所・場面を増やしていくことにつながると考えます。

ーラグビー部を成長の場とするならば、後輩にはどのような姿になってほしいですか。

 ラグビー馬鹿にはなってほしくない。社会に出ても通用する人間になってほしいです。社会人としての教養であったり、考え抜く力、挨拶、うまくいかないときの立ち振る舞い方など、
これから社会人になる上で重要だと思っています。
 また、4年間という限られた時間の中でラグビーをするにあたり、どんな状況においても腐らずに努力し続けていってほしいと思います。

ーチームが変化したことで印象に残っていること
 練習がきつかったということも一理あると思いますが精神的にも強くなったことですかね。
Aチームにいる3回生の原口・杉原、2回生の竹内などは自主性という部分において
コミュニケーションがすごくとれるようになったし、
チームに対してアプローチをかけてくれるようになったなという印象があります。
特に原口は、今シーズンは声をかけてくれるシチュエーションが多くなったように思います。
竹内に関しては、スクラムを変えようとしてくれている姿勢が印象的です。

ー実際に主将になってみてチームに対する見方が変わったなと思うことはありましたか。

 菅平に行った時に、Aチームなど上のチームが良ければ多分このチームは問題ないだろうと思っていましたが、
そうではなくて下のチームの練習の取り組み方も気にするようになりました。
150人全員が良いモチベーションで取り組んでくれるチームでなければ1つにはなれません。
そういう意味では、去年はAチームにいるメンバーや、上のチームがまとまっているなという感触だけを大事にしていればよかったのですが、下のチームもより良くラグビーに取り組めないといけないと考える行動が150人をまとめられることであって、その点を特に今年に入って意識するようになりました。

ーラストシーズンへの思いを教えてください。

 3歳からラグビーを始めて今年でラグビーを終わるつもりですが、個人としては本当にここでラグビーということに区切りをつけるつもりです。
だからこそラグビー人生の集大成として勝ちたいです。
 キャプテンという立場で言うと、4回生だけが喜んでいるチームで勝ちたいのではなく、ラグビー部にかかわってくれた全ての人と感動を共有したいです。OBさん、メンバー外の部員、首脳陣など全ての人と喜び合えることが大事だと思っています。
ただ勝ちたいのではなく、すべての人と感動を共有したいという思いが強いです。

ー大阪体育大学戦に向けての意気込みをお願いします。
 勝ちたいとか負けたくないとかいう思いではなくて、
自分たちが目標として掲げている「大学選手権best4」を達成するためには
「勝つしかない」という思いが一番強いです。
その中でやはり、自分自身俺が俺がとなるのではなく、
チームが一番しんどいと思っているときも常に自分がチームを俯瞰的な目で見て、
メンタル的な部分も含め常にベストな選択をさせてあげれるようにゲームを進めていきたいです。

ー応援してくださる人にメッセージをお願いします。

 「共に戦いたい」という思いがすごく強く、いちファンに応援してもらっているという感覚よりも、
関学すべてが関学ラグビー部の関係者だと思っていて、その人たちに本当の意味で感動を共有してもらいたいし、
応援を一緒に楽しんでもらいたいと思います。
そして、関学の学生がフルタイムのコーチがいない中で学生主体で考えて戦っているという姿を見て試合を楽しんでもらいたいです。

 

あなたにとって「PRIDE」とはー夏合宿特別編ー

 written by 関学 管理者 投稿日時:2017/09/02(土) 08:35


201705200826_1-600x0.jpg


8月17日(木)から行われていた13日間の夏合宿が終了いたしました。今回、夏合宿特別編として菅平での部員の過ごし方をお届けしたいと思います。25日(金)は、午後から自由時間となったため、多くの部員が思い思いに過ごしリフレッシュすることが出来ました。

高校時代の同期に再会したり、菅平名物ともいえるソフトクリームやハンバーガーを食べに出かけたり。
菅平ならではの過ごし方を送る部員が多く見られた1日であり、カメラを向けると多くの笑顔を撮ることが出来ました。
 
201708252109_1-300x220.jpg201708252109_2-293x220.jpg
                 

201708252115_1-300x220.jpg201708252115_2-300x220.jpg
                 
いよいよシーズン開幕まで1ヶ月を切りました。夏合宿での課題を改善し、秋シーズンに向けてチーム一丸となって目標である関西制覇へ挑みます。
Aリーグ初戦は、9月30日(土)12時より宝ヶ池にて同志社大学との対戦になります。
大事な一戦となりますので、是非会場へ足をお運びいただき応援のほう宜しくお願いいたします。
また、TwitterやFacebookにて試合情報等を随時更新しております。そちらも併せてご覧下さい。

 

あなたにとって「PRIDE」とはー主務藤井の想いー

 written by 関学 管理者 投稿日時:2017/08/22(火) 16:40


201705200826_1-600x0.jpg

—夏合宿が17日(水)から始まりましたが、最後の夏合宿に対して今どのような思いですか?
 この夏合宿は秋シーズンに向けて成長できる最後の機会だと位置づけているので、自分自身は菅平でチームが成長できたなと実感できるように、4回生としては後輩に出し惜しみせずすべてを伝えるということをやっていきたいと思っています。

—初日のスタッフミーティングでは「個人個人の成長」について話していましたが、個人的な目標そして後輩へ望むことは何ですか?
 個人的な目標としては、スタッフ全員を成長させるということが目標であり、しかしそれは自分ひとりで達成するには限りがあるので、4回生の同期スタッフにも協力してもらい、全員でチームとして成長できるようにしていきたいと思っています。自分自身、「個人の成長がチームの成長」につながると考えます。
 後輩に望むこととして特に1.2回生には、ただ与えられた仕事をやるだけで2週間が過ぎてしまい成長というものが得られにくいので、しっかりと「理想像」や「ゴール」を明確にしてしっかりと1日1日を大切にして達成できるような合宿にしてほしいです。4回生になって自分が感じたことは、「残りが限られている」ということ。3回生はあと半年たつと自分たちの代が始まりますが、実は終わりというものはすぐそこにあるので、「どんなチームになりたいか」「どんなスタッフになりたいか」最終的なゴールを明確に持っていてほしいです。

201708222045_1-300x0.jpg—今年のスローガンは「PRIDE」ですが、自分の中の誇りや大切にしていることはありますか?
 まず、自分を主務に選んでくれた同期をはじめ147人の部員全員が自分にとっての誇りです。その上で大切にしていることは、部員全員を最後には笑顔にさせれるために厳しいことであったり、妥協しないというところを大切にしています。

—チームとして大切にしたいことはありますか?
 関西制覇という結果も大切になってくるところではありますが、それ以上に今年の目的にも掲げている「誇れるチーム」というところで、日頃の生活であったり、応援してくださっているファンの皆様であったり、支えてくださっている保護者の方々など結果には直接的には関わらないところを自分は大切にしたいと思います。 

—応援してくださる方々へ一言!

 日頃から多大なるご支援ご声援ありがとうございます。今シーズン厳しい戦いになると思いますが、目標と目的を達成するために、日々の1日1日を大切にして精進していきますので応援宜しくお願い致します。
 

あなたにとって「PRIDE」とはーFWリーダー石井×BKリーダー市橋の想いー

 written by 関学 管理者 投稿日時:2017/07/23(日) 07:39

201705200826_1-600x0.jpg

—自分の中での誇り、大切にしていることはありますか?
石井:いろんな人とのコミュニケーションを大切にしています。普段からみんなと話す機会は多いのですが、特に後輩達などには練習のときだけではなく、部室や校内で会った時などには積極的に話しかけるようにしています。自分自身、話しかけにくい雰囲気があると、距離感が出来てしまい一体感がなくなると思っているのも1つの理由です。
市橋:自分も同じく後輩のことを気にかけることを大切にしています。話していく中、後輩からの気づきで新しい発見をすることもあり、お互いにコミュニケーションをとることが大事であるのは改めて感じます。


FWリーダー、BKリーダーとして臨む今シーズンは昨シーズンと違う部分はありますか?
石井:去年は学年リーダーを務めていたので特別気持ちの変化があったわけではありませんが、幹部になったからには主将や副将を立てれるようにということを意識しています。
市橋:去年に比べてチーム全体のことを考えるようになりました。 今まではどちらかというと自分のことにウエイトを置いていましたが、幹部になってからは自然とチームのことを考えるようになりました。


—FWとBKにそれぞれに求めることは何ですか?
石井:FWはセットアッププレーにこだわり、BKはFWがボールを出す分取り切って欲しいです。そして何より、FWとBKが今まで以上に信頼しあえるいい関係になりたいです。
市橋:BKはトライの取りきりとエリア取りです。そして、大介(=石井・国4)も言ったように、FWから信頼されるBKを目指していきたいです。

—怪我をお互いにしていたが、その時の外から見たチームとはどのように映っていましたか?
石井:各学年、練習を盛り上げていこうとしている雰囲気は去年と違うなと感じました。これから夏合宿、リーグとなるが後輩に負けないよう4回生からもっと引っ張っていきたいです。
市橋:自分も去年に比べたら後輩たちからも全体を盛り上げていこうという雰囲気があるなと感じました。しかし、監督が言っていた「文化を変える」までにはまだ足りていない部分もあると思います。

—自分の強みとは?
石井:物事を冷静に見れるところは強みだと思います。そして、今までの自分の経験をいかに後輩に伝えていけるかをこれからの強みにしたいと思っています。
市橋:試合に出て結果を残すことです。昨シーズン怪我で出場があまり出来なかったため今シーズンは全戦出場し結果を残したいです。

—応援してくださる方々へ一言!
石井:いつも応援ありがとうございます。今年は必ず勝ちます。
ぜひ会場に足をお運びいただき応援のほう宜しくお願い致します。
市橋:今年こそ結果を残し、支えてくださっている皆さんに恩返しができるように頑張りますので、応援のほう宜しくお願い致します。

 
«前へ